スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | -
<< PREV TOP NEXT >>
真珠の耳飾りの少女
コリン・ファース見たさで手を出した映画です。

でも、美術に疎い私でも見覚えのあるタイトルと同じ絵画作品、17世紀オランダの画家フェルメールの描いたそれにまつわる仮説のひとつであるフェルメールと使用人の少女の関わりについて描かれたこの作品。

決して人に見せることのない髪の毛を見せる、耳に穴を開ける、映像の綺麗さも加わって、静かにゆっくりとタブーを犯していく過程は生々しく具体的な性描写よりもずっと官能的に感じられました。

全体的には淡々としてるのともちょっと違った静けさで、かと言って大きな山があるわけでもなく、物足りなさは正直否めなかったのだけれど、どの場面をとってもまるで絵画がそのまま動いてるみたいに美しいです。美術品も細かくできていて素敵。
09:20 | tmck | Sa | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
09:20 | スポンサードリンク | - | - | -
COMMENT
name:
email:
url:
comments:
TRACKBACK
http://cinemixx.jugem.jp/trackback/3